初期投資回収不能のマイニング事業の記録

零細採掘所通信

仮想通貨マイニングをはじめてみた

   

はじめまして。Chrome速報の中の人です。

ChromebookとIntel NUCというシンプルPCライフを送っていたのですが、2017年5月GW頃からAMD Radeon RXシリーズが店頭から消えてしまうほど過熱している仮想通貨マイニング市場をみて、これは面白そう!と思い、仮想通貨マイニングをはじめました。

儲けはほとんどないのですが、すっかりマイニングに嵌ってしまい、グラボをガンガン買い増す始末。いまでは我が家の一室に、Nvidia GeForce GTX 1060 / 1070 計10台の零細採掘施設が鎮座しています。

そんなワケで、初回の投稿は、わが零細採掘所のマイニング機器類を紹介しましょう!

スポンサードリンク

マイニング・リグ 1号機

マイニング・リグ 1号機です。最初に組んだものとは違いますが、いまはこれがメインリグとなっています。

マイニング・リグ(mining rig)とは仮想通貨のマイニング(採掘)に使用されるコンピュータ・システムのことです。マイニング専用機器もあるのですが、AMD Radeon RXやNvidia GeForce GTXといったグラフィックカードを複数台搭載したPCの場合もあります。いずれにしても、専らマイニングするために作られたPC類のことです。

主な構成

マイニング・リグ1号機は、GeForce GTX1070を4台搭載しています。

  • GPU:ZOTAC GeForce GTX1070 AMP Edition × 2、MSI GeForce GTX1070  GAMING X 8G × 2
  • CPU:Intel Celeron G3900
  • マザーボード:AsRock H170 Pro4
  • メモリ:DDR4 4GB×2
  • ストレージ:Transcend SSD 120GB
  • 電源:Corsair RM1000x

採掘性能

2017年7月9日現在、このリグでは1日当たり0.004~0.0045BTC程度(約1,200円前後)の仮想通貨を採掘できています。このリグの電気使用量は約580Wなので、電気代は約460円/日(1KWh=33.32円)となり、利益は750円/日程度になります。

※電気料金は関西電力の従量電灯A契約の300KW超過分の単価で計算していますので、実際はもう少し安価となります。

7月1日頃には0.005BTC/日程度を採掘できていたのですが、ここ数日採掘量が低下しています。

採掘難易度自体はそれほど上昇していないのですが、使用しているマイニング・ツール「NiceHash Miner」が、イーサリアムやZcash、モナーコイン等のアルトコインの中から一番効率よくマイニングできる仮想通貨を選択し、それで得た仮想通貨をビットコインに換算して支払ってくれるものであるため、ビットコインに対するアルトコインの価格が下落していると支払い価額も低下してしまうようです。

マイニング・リグ 2

続いて、マイニング・リグ2号機です。

主な構成

マイニング・リグ2号機は、3台のGeForce GTX1060と1台のGTX1070の計4台で組んでいます。

  • GPU:ZOTAC GeForce GTX1060 AMP Edition × 3、Palit GeForce GTX 1070 Super JetStream × 1
  • CPU : Intel Pentium G4400
  • マザーボード:AsRock B150 Combo
  • メモリ:DDR3 4GB×2
  • ストレージ:SAMSUNG 850EVO 250GB
  • 電源:Corsair HX1000i

採掘性能

2017年7月9日現在、1日当たり0.003~0.0035BTC程度(約950円前後)の仮想通貨を採掘できています。このリグの電気使用量は約370Wなので、電気代は約300円/日(1KWh=33.32円)となり、利益は650円/日程度になります。

ZOTAC GeForce GTX1060 AMP Editionは、マイニングブームでGTX1070が在庫切れだったために購入したのですが、なかなか良いパフォーマンスを示しています。

マイニング・リグ3号機(テスト機)

次のリグを組むためにパーツ集め中なので、まだ「マイニング・リグ」とは言えませんが、グラボを眠らせておくのはもったいないのでマイニングしたり、グラボをセッティングするためのテスト機として使っています。

主な構成

マイニング・リグ3号機は各1台のGeForce GTX1060とGTX1070の計2台で構成しています。

  • GPU:ASUS STRIX GeForce GTX1060 × 1、玄人志向 GeForce GTX1070 ショートモデル × 1
  • CPU : Intel Pentium G4400
  • マザーボード:AsRock B150M Combo-G
  • メモリ:DDR3 8GB×2
  • ストレージ:Transcend SSD 120GB
  • 電源:Corsair RM850x

採掘性能

2017年7月9日現在、1日当たり0.0017~0.0018BTC/日(約500円前後)の仮想通貨をマイニングできています。このリグの電気使用量は約190Wなので、電気代は約150円/日(1KWh=33.32円)となり、利益は350円/日程度になります。

まとめ

以上が、いま稼働しているマイニング・リグです。

合計で一日当たり0.009BTC(約2600円)をマイニングしてくれており、NiceHashから毎週約0.06BTCが送金されてきます。初期投資額が大きい(GTX1070×6台=約30万円、GTX1060×4台=約13万円、計43万円)ため、投資回収にはおそらく6~7カ月程度はかかる見込みです。

零細採掘所の経営は厳しいわ…

 - 仮想通貨マイニング